お料理について

日本の美しき食事作法、客人を迎える日本人ならではの心。
料理人を育ててきた伝統を伝えたいと考えております。

残念ながら、今日、日本に住んでいても茶室で「懐石」をいただく機会に恵まれる人は至極まれなことだと言えます。
茶に親しむ人はあっても、正式な懐石に接することは本当に難しいと思われます。せいぜい大人数のお客を招いて催す茶会の「大寄せ」の際に出される「松花堂弁当」に接するぐらいでしょうか。現在「会席」ではなく「懐石」を名乗るお店もありますが、作法通りに順序正しく出す正統なお店などはごく限られています。

そもそも「懐石料理」などと、はばかりなく名乗ること自体おかしいのです。茶の湯の席で、茶事として出される料理のことを「懐石」といって「懐石料理」とは言いません。ですから「懐石料理」というのは、茶の湯を離れて、料理だけを提供する料理屋においては「懐石風」という意味で、この「懐石料理」という言葉が現在使われているようです。

厳密には「京懐石」「茶懐石」などの言葉すら茶の湯には存在しませんし、京懐石の言葉には定義も何もありません。
さらに、フランス懐石やミニ懐石蕎麦懐石などと、料理屋の世界でもてはやされ「懐石」という言葉が一人歩きしてきたのです。ですから現在、一般的に言われる?「懐石料理」は茶事に結びついたものではなく、料理をもてなすだけのときでも使われる、むしろ「会席」に近い宴会料理をさす事が多いように思います。

現代の日本人の多くが、正式な「懐石」を経験することはありませんから、この経験すらできず、日を追うごとに身近でなくなってゆく料理を「日本料理」の源流と考え、次世代に伝えていくことは本当に難しいことになってしまいました。ではいったい「日本料理とは何か」をちゃんと定義出来るかというと、それすらも非常に難しいものに思えます。

飽食と言われ、これだけ食べ物に不自由しなくなった現代の日本において「日本料理」を定義する事が難しいとは、何とも皮肉な時代です。
時代とともに移りゆく日本料理ではありますが、歴史が私達に残した伝統を少しでも伝える事ができたらと思い初見のお客様には必ずコースで折敷からご提供させていただいております。

当店の料理は、安心して召し上がっていただける料理をテーマに、しっかりと手をかけながらも、素材本来の持ち味を大切に、出来るだけシンプルかつ大胆な調理をするよう心がけております。

献立一例(季節によって変わります)・・・8,800円のコース

向付 玉子みぞれ和合
飯椀 一文字
汁椀 白味噌仕立て
生麩
お吸い物 酒粕汁
お造り
天然ぶり
剣先イカ
焼き物 マナガツオ照り焼き
煮物 蕪カニあんかけ
食事 五目ご飯
甘物 苺ムース
抹茶

献立一例(季節によって変わります)・・・11,000円のコース

折敷 向付 越前ガニ酢
飯椀 一文字
汁椀 白味噌仕立て
生麩
前菜3種 カキ佃煮
菜の花オイル合え
唐すみ
お吸い物 蛤潮仕立て
お造り 鯛・赤貝
天然ぶり
剣先イカ
箸休め スナップエンドウ生姜蒸し
焼き物 銀ダラ西京焼き
煮物 海老いも揚げ出し
食事 カキご飯
甘物 苺ムース
抹茶