お酒について

割烹之店 江川では直接酒蔵さんと話をし、お酒をいれるようにしております。
特に福井県産の白龍をおすすめしております。

日本酒と料理の相性は

昔から酒に合わせるお料理を「肴」「酒菜」と”さかな”といいますが、これは海に囲まれた日本では昔から魚が貴重なたんぱく質であり、それを日本酒と合わせたのが始まりといわれています。たんぱく質には肝臓の負担を少なくする効果があり、知らぬ間に培われた先人の知恵といえるでしょう。

一般的に香りのあるお酒には、野菜系料理や味のクドくない料理と覚えておくとよいでしょう。
また淡麗系な酒には、素材の味が生きた料理が合うといわれており、あまり油っぼい料理には合わないです。
芳醇なタイプのお酒には、シッカリとした味の料理が合います。
料理に合った1本をお選びいたします。

こだわりの酒器

お酒は、盃ひとつで味がまろやかに感じたり、さらりと感じたりします。割烹之店 江川では、こだわり抜いた酒器を取り揃えております。ぜひお手にとって、美味しいお酒をお楽しみください。

春夏秋冬味わうお酒

お酒

日本全国で日本酒の蔵元はおよそ1600。その中から
江川では和食料理に合う厳選した日本酒を揃えています。
メニューに書いていない季節限定の日本酒もたくさんご用意していますのでお気軽にお問い合わせください。

「この日本酒に合った料理を作って欲しい」などのリクエストを頂ければ、メニューにない料理をお作りする事も可能です。
日本酒以外にもワイン・焼酎・梅酒もご用意しております。